キモサベはシモベ

山に走り去った男を見つめながら佐間丹木が口をひらいた、

佐間丹木「あの走り方はあいつだ。紛れ込んでいたのか。。」

達也「・・もしかして前回の祭りの優勝者、馬丹木!?」

佐間丹木「・・・そうだ。だが、俺もただ黙ってこの時を待っていたのではない。修行を積み、ちから、タフさ、すばやさは以前の2倍、頭脳も大人だ。今の俺なら互角・・・。」

キモサベ「さ・・・佐間丹木様。」

佐間丹木「これは一族の戦いだ。皆の者、手を出すでないぞ!」

キモサベ「はい!」

千代はドン引きしていた。

達也「大女将も佐間丹木もみんな自分の戦いだとか言いやがって。
勝手にしてくれ!カスババア!スープ持ってこい!」

カスババア「わかったじゃ!」

達也の一言でファンタスティックスティポーのメンバーは、
お昼から何も食べていなかったことを思い出し急にお腹が減ってきていた。

・・・・・・・・

カスババア「ほれ。ポタージュじゃ。」

非日常的な出来事が続いてぐったりしていた私にポタージュがしみわたる。
ポタージュのカップを両手で包み込みながら顔を上げるとニッコリをわらうカスババアがいた。

カスババア「・・・特製なのじゃ。」

私も微笑み返し、またポタージュをすすった。
(・・・みんな頑張ってるんだし、私もしっかりしなくちゃ。)

達也「おめえ、顔色悪ぃぞ。無理すんじゃねーぞ。」

達也、なんだか悟空みたい。
でもやさしい。私はうなずき、きゅんとした。

(みんな手を出すなって言ってるけれど、せっかくの旅行を台無しにはできない!私も私なりにこの祭りを解決してみせるよ!!・・じっちゃん!!)

みんな疲れていたせいもありポタージュを飲み続けた。

由美「う・・・おなかいたい・・・」

キモサベ「ラ、・・・アラ?・・ラリりそうっ!・・」

「え!?みんなどうしたの!?」
みんなの様子がおかしい。

達也「お、お前・・なんともねーのかよ・・・・」

「え!? 達也!!由美!!」

ファンタスティックスティポーのメンバーが次々と倒れていく。

「・・・耐性があるやつがおったかじゃ・・」

振り返るとカスババアが笑っていた。

キモサベの気持ちと丹の木。

「裏山の丹の木の下にコケシを封印し、コケシパワーを封印するのじゃ。

2種類の丹の木「ウマ」「サマ」の二本を同じところに植え、その下にコケシとコケシパワーを持ったものを並べるべし。それが出来た人間が今年の優勝者。」

由美「なるほど、そういうことね。」

キモサベ「丹の木・・・。ウマ、サマ・・・。馬丹木と佐間丹木!!!!」

千代ちゃん「やっぱりこの一族には一悶着ありそうね。私、怖いわ。キモサベ、千代を守って!!!!」

千代ちゃんがキモサベを見ると、少し驚いた顔をして目をそらした。

千代ちゃん「キモサベ。。。涙 私が嫌いなのね。」

 

実はキモサベは千代ちゃんが苦手だったのだ。小さな体でいつもいつも自分の後ろをちょこまか付いてくる千代ちゃんが少し面倒だと感じたこともあった。

少し強い口調で話しても、バカな発言をしても、千代ちゃんが笑顔であるほど自分がクソに思えて後ろめたさを感じていたのだ。

でも今は少し違う。
千代ちゃんは自分を頼ってくれている。
千代ちゃんが自分のことを好きなことも知っている。
そしてなぜか今回、千代ちゃんに男らしさを見せたい、そう思っていた。

驚いて目をそらしたのは、そんな自分の気持ちの変化に気づいてしまったからであった。キモサベは千代ちゃんとの結婚生活をイメージし始めた。

 

「何をニヤニヤしとるんじゃ。」
カスババアがキモサベを下から見上げて言った。

キモサベ「お前は本当にカスだな、カスババア!!人の気も知らないで。」

カスババア「お前も本当に気持ち悪いわい。さすがキモサベと言うだけあるのお。」

キモサベ「・・・。」

達也「ちょっと二人ともやめろよ。本当にそっくりだな、お前たち。」

カスババアを見ると薄っすら頬をピンクに染めていた。

キモサベ「うっせー、達也。とりあえずコケシは大女将として、コケシパワーを持った奴を探し出せってことだよな。」

達也「そうさ、意外とこの中にいたりしてな。。」

 

そんな2人のやり取りを聞いていた一人の男が笑みを浮かべながら、その場をこっそり立ち去ろうとしていた。

達也「お、おいお前!どこ行くんだよ!」

そういうとその男は、猛ダッシュで旅館から出て裏山へ

「たあああああああああ!!!!!」と言いながら登っていった。

 

馬丹木と佐間丹木

丸ボーロだった。

メンバーたちは安心した。丸ボーロは赤ちゃんが食べてもいい優しいお菓子。お腹の弱いキモサベにぴったりの優しさである。

!?

キモサベが次の丸ボーロを見つけたようだ。

次々に丸ボーロを食べるキモサベ。

キモサベの丸ボーロの食べ方は独特で、丸ボーロを見つけては、ヘッドバンギングをしながら、丸ボーロに近づき、そこからありったけの優しさで両薬指でそっと掴み、空中に放り投げて、顔付近まで近づいた丸ボーロにかぶり付くという所作だった。

こんな優しいお菓子をこんな危険な動きで食べるキモサベにファンタスティポーのメンバーはドン引きだった。

いつのまにか奥の部屋を抜け、外にまで食べ歩いていた。そして、そこにはコケシと化した大女将の姿が。。。。

「わ!!!!」

旅館中にメンバーの悲鳴がひびいた。

キモサベはそのコケシを守るかのように、大女将のコケシの前にあぐらをかいた。

謎の男「封印祭りし現代の政所。掟を破ればこけしになりし」

千代「なにそれ。。。。」

謎の男「・・・」

達也「お前何か知ってるんだろう!全部話してくれよ」

謎の男「俺の名前は、、、佐間丹木 満鉄(さまたんき みつてつ)。』

達也「さ、さ、、佐間丹木!!?」

由美「馬丹木と似てる。。。」

「馬丹木家と佐間丹木家はかつては一つの一族じゃった。」

!!
大女将のコケシの裏からカスババァがよろよろ歩きながらかたった。

達也「カスババァ!!おめえは誰だ!」

カスババァ「わしは、カスババァじゃ。よく存じておったじゃ。」

「それより、丸ボーロが落ちていた箇所を覚えているか?線でなぞってみよ。」

保田「解る訳ねーだろ!!30分は食べ続けてたんだぞ!!」

千代ちゃん「あ!!キモサベのあの激しい動きから足跡が残っているはず!!!!」

撮英「本当だ!!!早速足跡をたどってみよう!!」

達也は足元に落ちていた、木の枝を使って、きもさべの足跡をなぞり始めた。

達也「これは文字になってるな」

20分後、メッセージが完成した。。。。

のろわれしこけし

「きゃーーん!」

部屋に戻る途中だった私達はすぐさま引き返し女将のもとへ走った。

「女将!!?」

付近をくまなく見て回ったが、女将の姿はどこにも無い。
あの巨大なこけしとともに居なくなっていた。
わずか数分の出来事だ。
一体どうやって…
それにさっきの悲鳴…女将は無事なのだろうか。

今この旅館で何が起こっているのか
何も分からず皆呆然と立ち尽くしていた。

「のろわれしこけし」

「きゃ!!なに!?!誰?!」

聞き慣れない声に驚いて後を振り向くと
バスで私の隣に座っていたあの男がいた

達也「のろわれしこけしだって?お前なんか知ってるのか…?」

謎の男「……」

謎の男は無言でゆっくり前を指さした

男が指す方向を見ると、何やら奥の部屋へ向かって点々と小さな丸い何かが落ちている。

すかさずキモサベが駆け寄りしゃがみ込んだ。
その丸い何かをつまんで眺めている。彼は極度の近視だ。

キモサベ「パクッ…!…んっ…ここ、これは……!?!」

千代「きゃーーーー!いやーー!!キモサベだめぇー!!」
潔癖症の千代は床に落ちたものを口に入れるというキモサベの奇行を目の当たりにし
あまりのショックに再び白目を剥きながら倒れ込んだ。

達也「おい!!大丈夫か?!キモサベ!!」
拓也「ちょまてよ!!」

皆慌ててキモサベの元へ駆け寄る。

キモサベ「こっ、これは……!」

呪われし村のフェスティボー

「・・・と、そういうことじゃ。」

料理長が話すところによると、

この宿のある村では、コケシ祭りという名の恐ろしい祭りがあるとのこと。

50年に一度、巨大こけしの封印が解け、
巨大こけしに封印されていた半端ないやつが解放されてしまうのだという。

そしてその半端ないやつを捕まえた者がコケシ祭りの優勝者になる。
その者にはコケシパワーが与えられるのだ。

だが、そのパワーが半端ないため、優勝者が決まると同時に
村人総出で優勝者を巨大こけしに封印する「封印祭り」が始まるという。

つまり50年前の優勝者を捕まえたあとに、その年の優勝者を捕まえないといけない。

だがコケシパワーを手に入れた者のチカラは半端ないもの。

ちから2倍、タフさ2倍、すばやさ2倍、頭脳は大人。

「・・・最強ね。」
私はビビっていた。

しかしコケシパワーの呪いで、こけし村から出ることはできなくなるらしい。

それでもその最強の力をもとめて村人はこれまでも祭りに全力で参加してきた。

そして50年前の優勝者は大女将幼なじみで片思いの相手だった、
あこがれの男性、馬丹木一(ウマタンキハジメ)さんなのだという。

「まあ、村の外の人間は気にしなくていいじゃ!」
「旅を楽しむといいじゃ!」

料理長はよぼよぼと厨房に戻っていった。

「そうよ!」

ファンタスティックスティポーのメンバーが振り返ると大女将は鋭い目つきでこちらを見ていた。

「この勝負は、アタシとハジメさんの勝負なの!手出し無用よ!」

「へ、へい!!」

すかさずキモサベが返事をした。

大女将はにっこりした表情に戻り、
ファンタスティックスティポーのメンバーに深くお辞儀をするとその場をあとにした。

「・・・一応普通に旅行は楽しめそうだな!」

達也が言うと、みんな不安ながらもうなずき、男女それぞれの部屋に戻っていく。

その時だった、

「きゃーーん!!!!!!」

大女将の叫び声がきこえた。

50年に一度の日。

「ど、どうしてこのこけしがここに・・・!!」

大女将がゆっくりと話はじめた。

「このこけしはね、この旅館の裏山の頂上にある神社に祭られているものなの。それがどうしてここに!?

今朝お参りに行ったときには何も変わりはなかったのに・・・。信じられないわ。」

大女将は腰を抜かしたまま立ち上げれないでいた。

「女将さん、その包み紙はなんでしょうか?開けてみなはれ?」キモサベが拾い、大女将にくしゃくしゃの紙を渡した。

「何かしら、こわいわ。」そっと開いた瞬間、大女将は泡を吹いてその場に倒れた。

「キャー!!!!」っと叫ぶ千夜ちゃんをキモサベが支えたが、彼女もまた気を失ってしまったようだった。

「私が見るわ。」由美が女将の手からその紙を半ば奪うようにして取った。

「どれどれ。」そう言ってはみるものの、由美も若干顔がこわばっていたが、こう続けた。

さあコケシ祭りのはじまり、はじまり

50年に一度のこの日がやってきました

メンバーはそろっているようですね

祭りを制するものにはコケシパワーが与えられるだろう

「な、何これ?どういう事?誰か分かる人いないの?」

由美がそう周りを見渡すと、仲居さん達の間から1人の男が出て来た。この宿の料理長だ。

よぼよぼとゆっくりと歩く足取りと、顔に深く刻まれたシワから見てもゆうに90歳は越えているであろう。

「あー、あー、えーっと、こういう事じゃ。そう焦るでないぞ。今説明するからな。」

そういうと、その場にあった椅子に腰掛け、手に持っていた湯のみのお茶をズズっと飲みだした。

1つめ。

「今の‥なに??」

温泉への準備をしていた女子4人が一斉に顔を上げ見合わせた。

「叫び声だよね?なんだろう?」
「こわいよう〜!!!」

千夜ちゃんが泣きそうになりながら、チワワのごとく震えている。

「ちょっと見てくるね。」

私がドアの方へ向かうと由美が私も行く、と立ち上がった。

ドアを開けると狭い廊下に男子2人が並んでいた。
194cmあるキモサベのせいで廊下の向こう側がどうなっているかはよく分からない。

「なにかあったの?」

列に声をかけると手前にいた保田が振り返った。

「よくわからないよ〜」

どうやらキモサベが大きすぎて列が進まないらしい。

「横になって進むんだよ!あんたでかいんだから。」

「そっかー!横かー!進める!」

トリッパー由美のアドバイスにより列が徐々に前に進んだ。

廊下を抜け広場に出ると、既に達也とカメラを構えた撮英がいた。

青ざめた顔で座り込んだ大女将さん、それを支える仲居さん、そして・・

こけし・・??

こけしがあった。

あった、というよりも、倒れていた。
見た目はよく見る普通のこけし。ただ、私の知るこけしが20センチ弱なのに対してこのこけしは大きかった。
キモサベの身長より少し大きい、2メートル位だろうか。

そのこけしがまっぷたつに割れていた。
中は空洞になっているようで、巻物のような、紙が丸まったものが中から出ていた。

「なんてことなの・・・!!」

大女将さんが両手で目を覆いながらつぶやいた。

「鬼」到着

タモツダ(保田)「ついた〜』

出発から一声も発さなかったタモツダが到着と同時にさけんだ。

その声で達也が目を覚ました。

達也「遂についたか!雑魚どもさっさとおりやがれ!」

達也はテンションが上がると口調が変わる。

謎の男「・・・」

謎の男が達也をにらみ出した。いや、正確には達也から北北西に2馬身の方角をにらみつけている。

その奇妙な光景にバス内が一瞬で凍りついた。。。

清三兵衛「今日!旅行!楽しく!ヒョーキンに!」

清三兵衛の話し方はいつも独特で、まわりの雰囲気を和らげる。

そんな、清三兵衛に千夜ちゃんは恋心を抱いていた。

バスから降りたメンバーを迎えたのはこの旅でお世話になる宿「鬼」の大女将だった。

大女将「いらっしゃい、ファンタスティックスティポーのみなさま」

「ファンタステッィクスティポー」とは私たちのサークルの名前である。

ファンタステッィクスティポー全員「よろしくお願いします!!!」

大女将「長旅、疲れたでしょ?部屋へどうぞ。」

達也「よし部屋で少し休憩して、温泉でもいこう!!撮英(さつえい)、カメラまわせ!」

撮英は自前のビデオカメラを回し始めた。(照英の遠い親戚でもある)

人が一人通れるかどうかの極細の廊下の突き当たりを右に男部屋、左に女部屋があった。

それぞれ部屋に荷物をおいて温泉へ行く準備をしていると、

「きゃーーん!!!!!!」

大女将の叫び声がきこえた。

バスの中にて

由美「よーし皆揃ったみたいね。出発するよー!」

私達を乗せたバスは目的地に向け出発した。

車内では皆それぞれに楽しくお喋りしたり、お菓子を食べたりして好きに過ごしている

達也は私の隣で早くも目を閉じて寝りこけている。
なんて寝つきのいいやつ…

そしてまた反対側を見ると…先程の男が黙って座っている。

バスが動き始めてもうやがて数十分は経とうとしている。
楽しい雰囲気に包まれた車内で、私は一人緊張していた。
気になる男子の隣に座るのが恥ずかしいからでも
お腹が痛いからでも車酔いしているからでもない。

(この人誰だろう……。)

隣に座ったもう1人の男が全く知らない人間だったからだ。

(見たことないけど…サークルメンバーだよね)

同じ大学と言えど生徒数はかなり多く、知らない人間が居ても不思議ではない。

しかし同じサークル内で顔も知らない人間が居たとは驚きだ。

昔から引っ込み思案で人見知りな私だけど今日はせっかくの楽しい旅だ。
意を決して話しかけてみることにした。

「あの〜!」

「……」

「初めまして!3年も同じ大学で同じサークルなのに、見たことも会ったことも無くてこの旅で初めましてだなんて。なんだか不思議な感じだよね!名前は?私は…」

「……」

私の頑張りもむなしく、男は一切こちらに視線を向けることなくただひたすらボーッと窓の外を見ている。

(名前すら教えてもらえないし…緊張して一気に喋りすぎたかなぁ…どうしよう。あっ、由美は彼が誰か知ってるよね。由美助けてよ〜)

一番後ろに座っている由美の方を振り返ってみるもむなしく、皆とのお喋りに夢中の様子でこちらに全く気付いてくれそうにない

隣の席で寝ている達也も一向に起きる気配はなかった。

(どうしよう…)

気まずい沈黙が続く中、私はあることに気がついた。

「あれ?君、荷物は…?」

しばらく沈黙が続いた後
「…ない」
男はポツリと呟いた。

「えっ?!無い???何も持ってきてないってこと!?」

……

それ以降いくら待っても男はそっぽを向いたまま、返事は無かった。

諦めた私はいつの間にか眠ってしまっていた。

起きるとバスは停車していて、皆それぞれ荷物を抱え席を立とうとしている。
どうやら目的地に着いたようだった。

エリートとロリータ

振り返ると、バスの入り口あたりに立っている色白長身の男子と目があった。

清三兵衛(きよさべえ)だ。

清三兵衛は、由緒正しい家の主審で三男なのだが、その名前のせいでだいぶ苦労してきたらしい。

私たちのサークルに入ってからは、気難しい性格のくせに、実は非常に優しいやつということで、キモサベと呼ばれている。
サークル内でもそこそこの地位とポジションを手に入れているいい奴である。

清三兵衛は、目が合ったことに気がつくと、口だけニヤリとさせながら、片手をあげてあいさつをしてきた。

私もおはよーと手を振って席に着いた。

(やったー!キモサベゲット!)

サークル内で、清三兵衛のニヤリを見るとその人に幸運が舞い込むという噂があった。

座席に着くと、達也が話しかけてきた。

「なあ、もう8人全員来てるんだっけ?」
「うん、きてるよー。」
「でも7人しかいないような…。」
「え~?あ、たぶん千夜ちゃんだよ。」
「あ、ああそうか。」

私は振り返って、

「千夜ちゃーん!」
「は~い!いるよ~」
「やっぱりいたー!おはようね!」
「う~ん!おはよ~」

清三兵衛の横、窓側の席に座っているようだ。
身長146cm、みんなのかわいい妹、千夜ちゃん。サークル外、大学外からも、たくさんのロリコン男子女子が千夜ちゃんを一目見ようと足を運んでくるのだ。

全員揃っていることを確認し、さあ出発というときだった。

「オイラも乗せてくれねーか・・・?」

バスの入り口から一人の男が入ってきたのだった。