「鬼」到着

タモツダ(保田)「ついた〜』

出発から一声も発さなかったタモツダが到着と同時にさけんだ。

その声で達也が目を覚ました。

達也「遂についたか!雑魚どもさっさとおりやがれ!」

達也はテンションが上がると口調が変わる。

謎の男「・・・」

謎の男が達也をにらみ出した。いや、正確には達也から北北西に2馬身の方角をにらみつけている。

その奇妙な光景にバス内が一瞬で凍りついた。。。

清三兵衛「今日!旅行!楽しく!ヒョーキンに!」

清三兵衛の話し方はいつも独特で、まわりの雰囲気を和らげる。

そんな、清三兵衛に千夜ちゃんは恋心を抱いていた。

バスから降りたメンバーを迎えたのはこの旅でお世話になる宿「鬼」の大女将だった。

大女将「いらっしゃい、ファンタスティックスティポーのみなさま」

「ファンタステッィクスティポー」とは私たちのサークルの名前である。

ファンタステッィクスティポー全員「よろしくお願いします!!!」

大女将「長旅、疲れたでしょ?部屋へどうぞ。」

達也「よし部屋で少し休憩して、温泉でもいこう!!撮英(さつえい)、カメラまわせ!」

撮英は自前のビデオカメラを回し始めた。(照英の遠い親戚でもある)

人が一人通れるかどうかの極細の廊下の突き当たりを右に男部屋、左に女部屋があった。

それぞれ部屋に荷物をおいて温泉へ行く準備をしていると、

「きゃーーん!!!!!!」

大女将の叫び声がきこえた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です