言い伝えの男。ここにありき男。

美智也「その拳は大事な時にとっとけ。その怒りも忘れんな!」

!?

上からすぎる発言に文明は逆に冷静になった。

文明「美智也!おめーってやつぁーいつもそうだ!俺をはめにはめやがる!」

しかし、気づいたら涙が溢れていた。

ボロボロの青いジャージに濃ゆい点々模様が増えていく。

文明「泣いてなんかないぞ、目にゴミが入っただけだ!!」

美智也「・・・文明、これには訳があって!俺だけ残った日あったろ!」

文明「おっと!汽車の時刻だ!またな」

泣きながら、猛ダッシュで立ち去った。

美智也「文明!!その先は砂漠だぞ!」

母さん「その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし、失われし大地との絆を結びあおき清浄の地へ導かん」

!?

エマ「その言葉!!!!たしか、風の谷のナウシカさんの大ババ様が言い放った古の言葉!!!」

母さん「古の古文書の予言は当たってたようね。」

美智也「亀、武者震き、筋たちに。青き草原の絆をつかさどる。」

母さん「その通りよ」

美智也「亀 あらんことを祈りき 者、者の友を裁こうとして処す。」

母さん「なるほどね」

エマ「その言い伝えが本当ならとんでもなき、シーズンになりそうね。」

美智也「文明、、、いや目祖歩田宮!!いってこい!パイセン オブ レジェントを超えてこい!」

三人は拳を天高く突き上げた。

(BGM yah yah yah)



ザッ ザッ ザッ ザッ ザッ ザッ

もう、10時間は走っただろうか。疲れてはいるものの、この修学旅行中に基本体力が上がっている。

文明「ハァ、ハァ、もうここかどこかもわからない!!!」

ザッ ザッ ザッ ザッ ザッ ザク!!!!

ん?なんだこれ。

石につまづいたみたいだ。

よく見ると石板だった。

「文字が彫ってあるな。」

「W,A,R,E,P,A,I,S,E,N,N,A,R,I」

ん?ワレ パイセンナリ!!

この石板は古のパイセンの手がかりなのかも!まだ続きがある!!

「WARE KOETAKUBA MINADE KAME NI HIT SASEYO 」

ワレ コエタクバ ミナデ カメ ニ ヒットサセヨ

意味が分からない。

しかし、とても難しくとんでもないことをしないといけないと言うことは感じ取った。

偶然とはいえ、古のパイセンを超えるチャンスを手に入れたんだ!やってやろうじゃねーか!

でも、どうすればいい。

石板といえば、考古学だが、考古学の授業いつも寝ていたしな。。。

ワレ コエタクバ ミナデ カメ ニ ヒットサセヨ

ワレ コエタクバ ミナデ カメ ニ ヒットサセヨ

「みなで!!!そうか!仲間を集めよう!!」

この修学旅行、何日たったか分からないが、リバーサイドに戻る頃はもう後半のはず!

後半は確か、ほぼ自由時間!!!

まずは隣のクラスの考古学(こうふる まなぶ)に声をかけよう。

そうと決まりゃ、リバーサイドに直行だ!!!

文明は見落としていた。石板には裏にもまだ続きがあることを。

鬼が出るか蛇が出るか。。。それとも亀が出るか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です