新事実

文明「美智也じゃないか!どうしてここに…」

エマ「あら美智也!心配してたのよ、今日帰ってくるなら連絡くらいしてよ。寂しかったわ(英語)」

美智也「ごめんよエマ。ママに連絡したところでちょうどコンドルに携帯を取られちゃってね。カルフォルニアならよくあることだろう?(英語)」

エマ「そうだったの、美智也が無事でなによりだわ(英語)」

いきなり現れた美智也がまるで以前からの顔見知りのようにエマと英語で話している。
いったいどうなっている。

美智也「エマが言ってた最近できた日本人の友達って、文明のことだったのか!」

文明「…え?」

美智也「英語は全然喋れないけどとてもイイやつだって聞いてて。まさか文明だとは思わなかったよ!本当に久し振りだね」

文明「…え?友達?いや、あ、美智也もエマと知り合いだったのかい?驚いたな…」

美智也「いやいや、エマとはビーチで知り合ってね。付き合ってるんだ、まさかカルフォルニアで彼女ができるとは思わなかったよ。こんなことが起こるなんて英語が得意で本当によかった。
そういえば、目指していたペリスには無事行けたのかい?」

文明「…!?。彼女?…、え?…なんだって?あ、ペリス?
あぁ、ペリスでは本当に大変だったよ…」

文明は混乱していた。
美智也とエマが付き合っているだって?どういうことだ!エマと付き合っているのは自分のはず…。

いや、よく考えてみるとエマから彼氏だとかボーイフレンドだとか言われたことはないし、英語だから8割分かんない。一大決心して伝えた告白の言葉も身振り手振りとほぼ日本語。もしや伝わっていない…!?
それに、ビーチでの父さんの意味深なセリフとあの表情。そういうことだったのか。そうなるとあの関西弁も…。

そうだ、きらきらアフロだ!
笑福亭鶴瓶と松嶋尚美の2人が出演しているトークバラエティ番組『きらきらアフロ』。
美智也はあれの大ファンでたしかDVD-BOXを持っている。ふたりで観て、あの関西弁をマスターしたのか。
ちきしょう、こんなことがあってたまるか、これは穏やかではないぞ!

本来ならば久し振りにあった友人らしくちょっと談笑して、すぐにエマのお母さんに古のパイセンについて話を訊きに行かなければいけないのに。一発殴らせてくれと言いたい!こんな時どうすればいい、どうすればいいんだ、教えてくれ父さん!

美智也の前で拳を握りしめ立ち尽くす文明だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です